設定を見直す

商品撮影の完成度を高めるために、まずは設定から見直してみましょう。
デジカメの場合、デフォルトの設定では「オート」になっていますが、これは商品撮影に向いていません。
商品撮影においては「P」か「M」に設定するのが基本です。
またフラッシュ機能は商品撮影では必要のない機能ですからオフにしましょう。
というのもフラッシュを焚いてしまうと、被写体に影ができてしまい、逆に被写体の陰は全て照らされてしまうのでのっぺりとした写真になってしまいます。

デジカメというのは、微量の光でも撮影することが出来ます。
また肉眼に近い自然な写真を撮るためには、フラッシュを焚かないだけではなく、光量、反射物を無くすことも重要です。
特に反射物があると、被写体のピントがぼけてしまい浮いた写真になってしまいます。
どうしても移動できない場合は、布をかぶせるなどして光が反射しないようにしましょう。

写真の出来は、お客様の購買意欲をも左右するのです。






What's New

2012/03/17
撮影画像更新
2011/03/17
「形」更新
2011/03/17
初心者卒業更新
2011/03/17
商品撮影で商売繁盛!更新
2011/03/17
ホームページリニューアル
撮影画像|商品撮影で商売繁盛! 2011年12月06日

SIDE MENU

PICK UP SITE


PDAサービス
お客様のご要望にあわせて納品いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブツドリドットコム
格安&スピード納品で商品撮影から画像処理まで一括サポート【ブツ撮りドットコム】

スタジオ810
スタジオヤト-は、広告写真を中心にデジタルカメラでの商品撮影を行っている東京都港区西麻布にあるフォトスタジオです。